Rails 3.2.11 で Herokuにpush

この前、Herokuにデプロイしたサービスに機能追加してもっかい最初からデプロイし直しました。
というのも、間違ったものをプッシュ&migrateしてしまったのです。
具体的には新しく追加したテーブルの型を間違ってしまいました。
(string → integer)
クエリ発行時に型が違くてもローカルでは動いたけど、herokuではけっこー厳しいみたいです。

型変更用のmigrationファイルを作って反映させようと思いましたが、
herokuだとちょっと面倒そうだったので、作り直しました。

ってことでやった作業。

$ heroku create --stack cedar

これでremoteにherokuって名前で追加され、heroku側にもリポジトリが作られます。
オプションの--stack cedarはRails3以降は必要らしいです。まぁおまじないみたいなもの?

$ git push heroku master
$ heroku rake db:migrate
$ heroku open

これでおk.

あとは、時間を直したいとき。

$ heroku config:add TZ=Asia/Tokyo

ドメインをちょっとカッコよくしたいとき。

$ heroku rename 名前

作りなおしたい名前のアプリをheroku側で消してから、同じ名前でrenameしたら同じ名前で作れるみたいです(当たり前か。。)

もし、よくある赤文字のエラー画面がでたときは、

$ rake assets:precompile

で、プリコンパイルしてからpushするとうまくいくかも。。。